ようこそゲストさん(会員登録ログイン
TOPページ / TOBYOレファレンス / TOBYO事典検索結果

TOBYO事典検索結果

「多発性骨髄腫」をTOBYO収録サイトから検索(1189件中 1~10件目を表示)

http://www.ne.jp/asahi/kassyoku/kuma/Siryou/Gankanwa/gan2_6.html
...2週間以降から効果 があることが多い印象があります。 全身の骨転移を来たしやすい 前立腺がんや乳がん の患者に使用できます。最近では 多発性骨髄腫 の予後の改善に寄与している可能性も指摘されています。 30mgを生食5OOmLに溶解して、3〜4時間以上かけてゆっくりと点滴します。全身状態が悪......患者にもまったく問題なく施行可能な治療法である。 ,癌性骨疼痛に対するパミドロネート療法(1997),,,5 #1 【6.2.6.a】 骨転移痛、中でも乳癌、多発性骨髄腫での 骨破壊性骨転移痛 に対してはアレディアで有用性が認められている。 ,Evidence-Based Medicineに則ったがん疼痛治療ガイドライン(2000),,,80 #1 【6...
http://www.ne.jp/asahi/kassyoku/kuma/Siryou/Gankanwa/gan2_6.html
クマルミの思い出 悪性褐色細胞腫 女性  1users
http://www.ne.jp/asahi/kassyoku/kuma/Siryou/Gankanwa/gan2_index.html
...潰瘍 アルブミン投与の緩和医療における是非 アルプラゾラム:適応障害 ----------- :抑鬱 アレディア:高カルシウム血症 ------- :骨転移痛 ------- :多発性骨髄腫での骨破壊性骨転移痛 ------- :乳癌での骨破壊性骨転移痛 ------- :副作用 アレビアチン:神経因性疼痛 --------- :電撃痛 アローゼン:便秘(緩和医療......大量オピオイドからのオピオイドローテーション 唾液:よだれ(流涎) 唾液漏 --- :アトロピン ターニングポイント(モルヒネ増量における) 多発性骨髄腫での骨破壊性骨転移痛:アレディア タムスロシン:排尿困難(緩和医療) 痰の吸引:死前喘鳴における適応 胆汁うっ滞性の掻痒感:ウインスタノ...
http://www.ne.jp/asahi/kassyoku/kuma/Siryou/Gankanwa/gan2_index.html
クマルミの思い出 悪性褐色細胞腫 女性  1users
メモ: FEC前の静脈注射2/2 :デキサート注射液6.6mg 2ml
...12289;点滴静脈内、*筋肉内]乳癌の再発転移 [*筋肉内]以下の悪性腫瘍に対する他の抗悪性腫瘍剤との併用療法多発性骨髄腫 [点滴静脈内]抗悪性腫瘍剤(シスプラチンなど)投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)[静脈内、点...
http://memo20110326.blogspot.com/2011/07/fec-2ml.html
メモ 乳がん 女性 ★★★ 1users
薬物療法
...症例にかぎる)。 ◇ その他:メニエル病(めまい、耳鳴り)、突発性難聴、顔面神経麻痺、重症筋無力症、いろいろな血液の病気、白血病や多発性骨髄腫など血液がん、その他の腫瘍、鎮痛補助、抗がん薬に伴う悪心・嘔吐、臓器移植後の拒絶反応の抑制、注射によるパルス療法の補助などにも...
http://mr446ra.blog.fc2.com/blog-entry-421.html
患者のつぶやき - 肺線維症と共に 特発性肺線維症 50~64才男性 ★★★ 1users
ネフローゼ症候群 巣状糸球体硬化症 【 FGS LIFE 】/ ネフローゼとは?
...ローゼ 代謝性疾患 糖尿病性腎症、アミロイドーシス、粘液水腫。 全身性疾患 膠原病(SLE、結節性多発性動脈炎など)、悪性腫瘍(ホジキン病、多発性骨髄腫など)、ぞのほか(過敏反応、感染症、肝硬変など)。 病態 糸球体基底膜が何らかの障害により透過性を増し、正常では通さないタンパク、特に...
http://www.fgs-life.com/info.php
ネフローゼ症候群 巣状糸球体硬化症 【 FGS LIFE 】 ネフローゼ症候群 20~34才男性  0users
薬物療法
...症例にかぎる)。 ◇ その他:メニエル病(めまい、耳鳴り)、突発性難聴、顔面神経麻痺、重症筋無力症、いろいろな血液の病気、白血病や多発性骨髄腫など血液がん、その他の腫瘍、鎮痛補助、抗がん薬に伴う悪心・嘔吐、臓器移植後の拒絶反応の抑制、注射によるパルス療法の補助などにも...
http://mr446ra.blog.fc2.com/blog-entry-290.html
患者のつぶやき - 肺線維症と共に 特発性肺線維症 50~64才男性 ★★★ 1users
私の薬物療法 - 肺線維症と共に
...症例にかぎる)。 ◇ その他:メニエル病(めまい、耳鳴り)、突発性難聴、顔面神経麻痺、重症筋無力症、いろいろな血液の病気、白血病や多発性骨髄腫など血液がん、その他の腫瘍、鎮痛補助、抗がん薬に伴う悪心・嘔吐、臓器移植後の拒絶反応の抑制、注射によるパルス療法の補助などにも...
http://mr446ra.blog.fc2.com/blog-entry-92.html
患者のつぶやき - 肺線維症と共に 特発性肺線維症 50~64才男性 ★★★ 1users
2014年9月26日の通院内容
...群、蛋白漏出性胃腸症   急性感染症、慢性消耗性疾患などで↓   自己免疫疾患、慢性炎症性疾患、肝硬変、悪性腫瘍、感染症   多発性骨髄腫、マクログロブリン血症などで↑ ALb ーーー アルブミン(上記タンパクの70%?)   肝臓で作られる。   肝疾患、栄養不良、腸...
http://kuronekoluna.blog121.fc2.com/blog-entry-187.html
病気とわたしとお医者さん 化学物質過敏症 20~34才女性  1users
デキサメタゾン(ステロイド剤) - Harukoの濾胞性リンパ腫日記【B細胞 鹸 B症状 50歳代後半 】 2008年4月28日〜
...他剤との相互作用 デキサメタゾンに関しては、他の投与薬との相互作用の可能性は確かに認められています。 多発性骨髄腫の患者さんは、一般に複数の薬剤を摂取して、多発性骨髄腫ならびに他の存在し得る疾患を治療する必要があります。投与薬の数が増えるとともに薬物相互作用の可能性は......を含めて、インドメタシン、ナプロキセンなどがあります。 * フェニトイン デキサメタゾン投与法およびデキサメタゾン投与時の留意事項 多発性骨髄腫治療では、デキサメタゾンは輸液剤や経口剤によって、他の抗癌剤との併用あるいは単剤で投与されます。デキサメタゾンの投与量は患者さ...
http://blog.goo.ne.jp/haruun_2008/e/1bac9db8282c6edcc0cb97f7c3b57072
Harukoの濾胞性リンパ腫日記【B細胞 Ⅳ期 B症状 50歳代後半 】 2008年4月28日~ 濾胞性リンパ腫   1users