Happenings Ten Years Time Ago

Twitter上の疾患、薬剤、関連企業の話題を可視化するツール「Tweek」登場!

TOBYO開発ブログの10年

「こんにちは。はじめまして。
三宅啓(株式会社イニシアティブ)です。
私たち、㈱イニシアティブは、医療の分野で新しいWebサービスを開発することをめざすベンチャー企業です。この度、新しい医療情報サービス「TOBYO」を、来年2月にリリースする運びとなりました。」

2006年12月18日。以上のような出だしに始まるエントリで、この「TOBYO開発ブログ」は最初の声を上げた。それから早いもので10年が経った。

10年前を振り返ると、2005年から始まったいわゆる「Web2.0」ムーブメントのインパクトを受け、それに呼応する形で「Health2.0」というムーブメントが米国西海岸を中心に、ちょうど開始されたばかりの頃であった。毎日、Health2.0を提唱したスコット・シュリーブなどビジョナリーたちのブログを読み、続々と立ち上がってくる新規サービス群が提示する新しいビジョン、新しいアイデアに驚いたり、感心したりしていたのを思い出す。 続きを読む

d2をファーマコビジランスに活かす

WEB-RADR

ヨーロッパのファーマコビジランス・プロジェクトWEB-RADR。

前回エントリが昨年11月だから、ずいぶんブログ更新が滞ってしまった。暮れ、正月はとっくに越し、すでに立春を過ぎたわけだが、2月というのに今日など異常な高温である。なんだか季節がハッキリしないのだが、とにかく当方は仕事を続けてきた。

昨年秋、患者ブログ調査プラットフォーム「d2」(ディーツー)をリリースしたが、まだ世の中に周知させる前から広く関心を頂戴し、成約もいただき、幸先良いスタートを切ることが出来た。関係者の皆さんに深く感謝している。

d2の用途と利用阻害要因

さて、いろいろな反応を頂戴する中で、最近とりわけ深く感銘を受けそして驚いたのが表題にある「ファーマコビジランス」である。d2開発の過程で、当然さまざまにユーザーの用途を想定していたのだが、このことだけは我々の盲点になっていた。否、正直に言えば、むしろd2のように患者の声を直接届けるサービスにとって、ファーマコビジランス、そして一般に有害事象(AE)報告関連にかかわる諸規制は、むしろ阻害要因になるのではないかと考えていた。

これまで製薬会社の方々からd2について、「d2で患者の声を直接聞きたいとは思うが、有害事象報告の件が・・・・」と言葉を濁されることがたびたびあった。それゆえに、有害事象関連情報を見ないですむような仕組みが必要かとも考え、実際にd2上のツールにそのような機能の実装を考えたり、あるいは他の方法で有害事象関連情報を回避することも検討した。 続きを読む

ワンストップ・プラットフォーム「d2」


スライドを大きくして見るには、スライド下部ツールバーの右端にある「ページを新しいウインドウで開きます。」ボタンをクリックします。全画面モードでスライドを見ることも出来ます。直接ブラウザで全画面表示して見る場合はここをクリック

患者ブログ調査プラットフォーム d2

d2 LOGO

秋が深まり、石神井公園の木々も少しずつ色づいてきた。夏から秋へ。ずいぶんブログを放置してしまったものだが、dimensions2開発の最終ラウンドに取り組んでいた。当初、9月完成の予定だったが、最終調整を経て10月から正式サービス稼働にこぎつけることが出来た。やれやれである。すでに大手製薬会社さんの採用も決定しているが、これから多くの医療関連の企業、団体にご利用いただけるものと確信している。

ところで、まずこのエントリをご覧になって「おやっ?」と思われた方も多いだろう。「d2」という見慣れない文字があるからだ。これは「dimensions 2」の略称である。どうも「ディメンションズ・ツー」というのがいかにも長ったらしいので、短く言い切って「d2」(ディーツー)にした。当面、従来のブランドシグネチャは残すが、いずれ「d2」に集約したい。

患者5万人の声を集大成した、ワンストップ調査プラットフォーム。

d2とは何かと問われたら、畢竟上記の文言になる。過去10数年間、数万を越える患者によって、次々にウェブ上に公開され蓄積されてきた膨大な量の闘病記録。私たちはこれを「闘病ユニバース」と呼んできたが、いまだかつて、これほどまでに大量で多彩な患者体験が公開されたことは歴史上なかった。そしてこの貴重なデータによって、日本の医療の実態が患者視点から可視化され、患者のニーズと感情の精緻な理解に基づいて医療変革が可能となる。このことは誰もが首肯するところだろうが、残念ながら、これまでウェブ上のかくも膨大な患者記録をうまく有効活用する方法がなかったのである。せっかく貴重なデータが大量にありながら、これはもったいないことである。社会の損失である。

私達のTOBYOプロジェクトは、以上のような状況を少しでも変えたいとの思いから出発したといえる。そしてウェブ上の闘病記録を活かすためには、とにかくまずウェブ上の闘病記録を少しづつ集めるところから始めるほかなかった。ずいぶん長い時間がかかってしまったが、きちんとしたデータ収集をしなければ後のステージはないと考えていた。

やがて3万件、5万件とネット上の闘病記録を収集しデータベース化してきたわけだが、ようやくこれらデータ集積サイズを使って、患者が何を体験し、何を感じ、何を望んでいるかを社会に伝えていくフェーズに達したと考えている。d2はそのためのワンストッププラットフォームである。これから少しづつ、d2の機能についてご紹介していくつもりだ。

三宅 啓  INITIATIVE INC.

患者ブログからの意見・評価情報抽出の研究

三つ組、手がかり語、実験システム概要

論文「闘病ブログに出現する(薬剤名,対象,効果)で表される薬剤服用情報の抽出」(北海道大学情報科学研究科,北嶋志保,他)をめぐって

先のエントリ「患者による医療評価」にも述べたが、目下、新規サービス「OPINIONS」の開発に取り組んでいる。これは大きく2つのパートからなっている。ひとつは闘病ブログから患者の薬剤・病院・治療など医療に対する意見・評価を抽出し、評価タイプや極性(ポジティブ、ネガティブ)によって分類して提供しようというもの。今ひとつは、患者の医療に対する意見・評価をアンケート設問形式で集計出力し、たとえば「薬剤レミケードについて『効いた』と答えた人が〇〇人、〇〇%。『効かなかった』と答えた人が〇〇人、〇〇%」というわかりやすいかたちで提供しようとするものだ。

この2つの機能からなる「OPINIONS」によって、闘病ブログに表現された患者の知識・体験を個々の「物語」としてではなく、ウェブに集積された「患者の集合知」として捉え、その全体の傾向をできるだけシンプルに抽出したいと考えている。たとえば、TOBYO収録の乳がん患者ブログはすでに4000件を越えているが、それらをひとつひとつ「物語」として読んでいくとすれば、それだけで多大な時間を費消することになるだろう。何年もかかるかもしれない。たしかに、そこには多くの興味ふかいエピソードが存在するだろうが、「患者の医療評価」という視点で全体の傾向を抽出することのほうが、おそらく社会、患者、医療業界にとって有益であると思われる。

「ウェブに集積された集合知」から意見や評価情報を取り出す試みは、ゼロ年代から10数年にわたり、多くの研究者によって続けられてきている。医療分野における患者の意見・評価抽出についてもさまざまなチャレンジがあるが、今春、日本知能情報ファジィ学会誌「知能と情報」に発表された論文「闘病ブログに出現する(薬剤名,対象,効果)で表される薬剤服用情報の抽出」(北海道大学情報科学研究科,北嶋志保,ジェプカ  ラファウ,荒木  健治)には、TOBYOのバーティカル検索エンジン「TOBYO事典」データを用いた薬剤服用情報の抽出実験が紹介されており、そこに示された新知見から、当方「OPINIONS」開発にも大きな示唆をいただいた。ここに感謝しておきたい。 続きを読む