ようこそゲストさん(会員登録ログイン
TOPページ / TOBYOとは

TOBYOとは


「TOBYO」は「闘病」と読んでください
「闘病」と書くと画数が多く、何か暗く、重すぎるイメージがあります。できれば、従来とは違う新しいイメージでもって、「病と闘う=闘病」ということをとらえ直したいと、あえてアルファベット表記の「TOBYO」にしてみたわけです。
「闘病者」というスタイル
「闘病する人」のことを「闘病者」と呼びますが、私たちがこの「TOBYO」プロジェクトのユーザー像として、まず第一番に想定しているのがこの「闘病者」です。ここ数年来、医療の世界では「患者中心の医療」とか「患者本位の医療」とかのスローガンが、しきりに叫ばれてきました。もちろんスローガン倒れでなく、これらが字句通りに実践されているなら結構なことです。しかし、「闘病」という観点から見ると、なにも患者だけが当事者ではありません。実際には家族、親戚、友人、知人など、患者を取り巻く多くの人々が、患者と共に病気と闘うことになります。つまり患者を含め、さまざまな患者の関係者が「闘病者」として闘病活動に参画し、体験することになるのです。
闘病者体験に着目
これを共有する仕組みができないものだろうか。これが「TOBYO」の起点にある原発想でした。闘病者が実際に体験した事実を集め、共有し、それを次の闘病者に活用してもらう。これは従来なら、リアル世界のクチコミによって担われていたものです。たしかにクチコミは、「良い病院、良い医師、良い治療法」の情報を求める闘病者にとって、数少ないとは言え最も信頼のおける情報源でありました。
クチコミの変化
今日、リアルのクチコミは、Web上のクチコミへと大規模に代替されつつあります。そして、以前の「コマンド&コントロール」(命令と統制)と呼ばれた縦方向のリニアなコミュニケーション・スタイルではない、横方向へ広がり伝播するようなユーザー主体のコミュニケーション・スタイルが一般的になってきました。まさに、「The market is conversation.」(Tara Hunt)と言われるような事態が起きています。
「TOBYO」の目指すもの
「TOBYO」はこのような新しい動向を積極的に評価し、採り入れながら、闘病者に役立つサービスをめざしていきます。
TOBYOについてのさらにくわしい説明はスライドをごらんください
Tobyo Hello1 from tobyo_init

運営者について

社名: 株式会社イニシアティブ
代表: 三宅 啓
所在地: 〒177-0041 東京都練馬区石神井町6-6-4-101
連絡先: tobyo@initiative.co.jp
TOBYOへのリンクはご自由にどうぞ。リンクバナーツールバー等もよろしければご利用ください。TOPページ(http://www.tobyo.jp/)以外のページについてはURLが変更されたり削除されたりする場合があることをあらかじめご了承ください。